Home >> 2010年度第6回(12月11日)参加者の感想、幹事の感想を掲載しました。

2010年度第6回(12月11日)参加者の感想、幹事の感想を掲載しました。

2013年03月25日

12月11日に開催した2010年度第6回の参加者の感想を「参加者の声の欄」に、幹事の感想を「運営委員の声の欄」に掲載しました。ご覧ください。

2010年度TA研究部会第6回(12月11日)は日本交流分析学会理事長の杉田峰康先生に「日本人にとっての交流分析を考える~S(セルフ)の概念を含めて~」と題してお話いただきました。

「交流分析」について、日本の慣習、甘え、家族生活などの側面から考える貴重な機会となりました。午後は参加者方々の素直な自己開示と、杉田先生の暖かいファシリテーションでワーク(エンプティチェアー&再決断セラピー)を行いました。

講座終了後は恒例の懇親会が“ペルラン”にて開催されました。杉田先生ご夫妻にもご参加頂き、総勢25名余という盛大な宴となりました。仲の良いご夫妻ですが、今回は敢えて別々に着席頂きましたので、受講者の皆様が先生を取り巻き、奥様との輪ができ、次々に懇談する姿が見られました。あちらこちらにも講座の話題に花が咲き、賑やかに盛り上がっておりました。美味しい料理にビールとワインが和やかな雰囲気を醸し出し、時の過ぎるのを忘れさせる楽しい宴となりました。お忙しい中、最後までお付き合い頂きまして有難うございました。

皆様どうぞよいお年をお迎え下さい。     TA研究部会運営委員一同

 

order_btn_side.png